インターンのカバンは何がいい?適切なカバンを選んで企業への第一印象を良くしよう

ビジネスマンと同様に、インターン生にとってもカバンは重要なアイテムの一つです。インターン生は企業に所属する一員として、正式なビジネスシーンに参加することになります。その際、第一印象を良くするためにも、適切なカバンを選ぶことが重要です。しかし、どのようなカバンを選べば良いのでしょうか?

この記事では、インターンに適したカバンの選び方や注意点などについて詳しく解説します!

インターンに必要なカバンの役割とは?

ビジネスパーソンにとって、カバンは必要不可欠なアイテムの1つで、もちろんインターン生にとっても社会人と同様です。また、カバンはビジネスマナーにも関係していて、社会人として良い印象を相手に与えられるかどうかにも影響します。

社会人としての準備をするためにも、インターン先の企業で成長していくためにも、ビジネスパーソンとして適切なカバンを持つというのは、とても大切です。

それでは、カバンがそれほど重要な理由を詳しく見ていきましょう!

カバンは第一印象に関わる

カバンは、人との出会いにおいて非常に重要な役割を果たすものです。人は、初対面で相手の外見や持ち物から、その人の印象を形成します。そのため、カバンを選ぶことは、第一印象に関わる重要な要素となるのです。

例えば、ビジネスマンがクライアントと初めて対面する際、スーツの色や髪型、そしてカバンの種類やデザインなど、全ての要素がその人の印象を決定づける重要な要素となります。特に、カバンは身に着ける小物の中でも目立つ場所に位置しているため、相手に与える印象に大きく影響を与えます。

インターン生の場合もビジネスマンと同様に、初対面の相手に与える印象が非常に重要です。インターンは、自分自身がビジネスマンとしての能力を身につけるための大切な経験の一つであり、そのためには周囲の人からの信頼を得ることが不可欠です。

カバンによってビジネスマンとしての第一印象が変わり、周囲の人との信頼関係も変わってしまう可能性があるので、インターンの時に持つカバンには気を遣っておくのが大事です。

持ち物の収納や整理としての重要性

もちろんカバンは、良い印象を周囲の人に与えるためだけではなく、持ち物の収納や整理を効率よく行うためにも重要です。
ビジネスシーンでは、必要な書類や機器、アイテムを効率的に収納する必要があり、収納・整理の効率性は、仕事の生産性にも影響を与えます。
インターン生はノートパソコン、メモ帳、筆記用具、財布、手帳など、多くの必需品をカバンに収納する必要がありますが、取り出したい時にすぐに取り出せるようにするためにも、適切なカバンをしっかり選ぶのは重要です。

インターンに適したカバンの選び方

インターン生にとってとても重要な意味を持つカバンですが、一体どのようなカバンを選べば良いのでしょうか?

そこで、第一印象を良くして、ビジネスマナーにも配慮した印象を与えるような、カバンの選び方をご紹介します。また、しっかりモノを収納・整理できて仕事の効率を上げられるようなカバン選びについても詳しく解説します。

サイズと容量

インターンで必要な持ち物は、書類やノートPC、スマートフォン、筆記用具など様々です。そのため、カバンのサイズと容量は重要なポイントです。必要なアイテムを収納できるサイズと、カバンの重さに耐えられる容量を選びましょう。

社会人の中ではA4サイズの書類を扱うことが多いです。なので、A4サイズ(幅37cm以上、高さ27cm以上)の書類が入るくらいの大きさを1つの目安にしてみるのがおすすめです。

ポケットの数

ポケットの数は、持ち物の整理や取り出しのしやすさに大きく関わってきます。
荷物を用途ごとに分けるために、仕切りやポケットがたくさんついたものを選ぶことがおすすめです。
また、書類やノートPCといった使う頻度の高いアイテムを取り出しやすいように、バッグの中身の構造が工夫されているとより使いやすいです。また、メガネ・財布・スマホといった小物も、分かりやすいようなカバンを選ぶと便利です。
もしポケットの数が少ないバッグしか無い場合には、ポーチやケース、クリアファイルなどを活用すると、収納・整理を効率的に行うことができます。

カバンの素材

カバンの素材は、耐久性や防水性、デザイン性などに影響を与えます。

インターンでは、毎日の通勤や書類の持ち運びなどでカバンを多用するので、丈夫で機能性に優れた素材を選ぶことが重要です。一方で、素材によっては耐久性、機能性よりもデザイン性を重視した素材もあります。機能性・耐久性を重視するか、デザイン性を重視するかは好みによって決めましょう。

カバンの素材には、皮革やナイロン、キャンバスなど様々な種類があります。インターン生が持つカバンの素材として、以下のような特徴を持つものがおすすめです。

皮革素材

高級感があり、ビジネスシーンに適したデザインのものが多くあります。また、使い込むほどに味わいが増していくので、長期的な使用に適しています。しかし、水に弱いため、雨の日の持ち運びには注意が必要です。

ナイロン素材

軽量で丈夫な素材であり、防水性に優れたものが多くあります。通勤や通学など、毎日の使用に向いています。また、汚れが付きにくいため、手入れが楽であるというメリットもあります。

キャンバス素材

カジュアルな雰囲気があり、ビジネスシーンにはあまり適さないかもしれませんが、デザイン性に優れたものが多くあります。また、丈夫で、使い込むほどに味わいが増していくのが特徴です。

以上のように、カバンの素材にはそれぞれ特徴があります。インターンの時に持つカバンの素材は、使用環境やデザイン性、耐久性の3点を考慮して、選んでみてください!

カバンの機能性

インターンで持つカバンの機能性は、毎日の通勤や書類の持ち運びなどでの利便性や、必要なアイテムを効率的に収納することができることが重要です。以下に、インターンで持つカバンのおすすめの機能をいくつか紹介します。

ラップトップ収納機能

多くのインターン生は、ノートパソコンを持ち運ぶことが多いです。そのため、ラップトップ収納機能が付いているカバンがおすすめです。ノートパソコンを安全に収納することができるため、衝撃からパソコンを守ることができます。

多機能ポケット

書類や機器、筆記用具、スマートフォン、財布など、持ち運ぶアイテムは様々です。そのため、カバンに多機能ポケットがあると、それぞれのアイテムを効率的に収納することができます。ポケットが多いほど、収納のバリエーションが増えるため、使い勝手が良くなります。

防水機能

雨の日や水たまりなど、外出中にカバンが濡れることがあります。防水機能があるカバンであれば、中の書類や機器が濡れる心配がありません。特に、ビジネスシーンでは、雨の日の出張や打ち合わせが多いため、防水機能は重要な機能の一つです。

肩ひもやキャリーハンドルのクッション性

カバンを持ち運ぶときに、肩や手に負担がかかることがあります。そこで、肩ひもやキャリーハンドルにクッション性があるカバンがおすすめです。長時間の持ち運びでも疲れにくく、快適な持ち運びができます。

以上のように、インターンで持つカバンには、様々な機能があります。自分が必要とする機能をしっかりと考慮し、選ぶことが大切です。

カバンの価格

インターンで持つカバンの価格帯は、数千円から数十万円以上まで、様々な種類があります。一般的に、価格帯が高いものほど、素材やブランドの知名度、機能性などが高くなります。しかし、価格が高いから必ずしも良いというわけではありません。自分が必要とする機能やデザイン、予算に合わせて選ぶことが重要です。

インターンで持つカバンのおすすめの価格帯は、1万円から3万円程度です。この価格帯のカバンには、機能性やデザイン性に優れたものが多く、ビジネスシーンでも十分に使えます。また、予算に余裕がある場合には、4万円から8万円程度の高級なカバンもおすすめです。高級なカバンは、素材やデザイン性に優れ、長期間使うことができるため、長期的な投資としても価値があります。

しかし、予算に制限がある場合には、1万円以下のカバンもあります。これらのカバンは、機能性やデザイン性にやや劣るものもありますが、安価で手軽に購入できるため、急な就活やインターンにも対応できます。

デザイン

インターンで持つカバンのデザインは、ビジネスシーンでの印象を左右する重要な要素の一つです。一般的には、ビジネスライクで清潔感があるデザインが好まれます。

以下で、インターンで持つカバンのおすすめのデザインをいくつか紹介します。

ブリーフケースタイプ

ブリーフケースタイプのカバンは、クラシックで上品な印象を与えます。ビジネスマンやビジネスウーマンが愛用するアイテムであり、重要書類を収納することができるため、インターン生にもおすすめです。また、ワンハンドルがついているものは、手持ちで持ち運びができるため、スマートな印象を与えます。

ショルダーバッグタイプ

ショルダーバッグタイプのカバンは、ラフな印象を与える一方で、機能性に優れているため、ビジネスシーンでも使用することができます。また、両手が自由になるため、忙しいビジネスシーンでも活躍することができます。

トートバッグタイプ

トートバッグタイプのカバンは、ビジネスシーンでのカジュアルな印象を与えることができます。デザインもシンプルなものが多く、書類や機器を収納することができるため、ビジネスシーンでの使い勝手が良いとされています。

バックパックタイプ

バックパックタイプのカバンは、カジュアルでアクティブな印象を与えます。多くのものが、ラップトップ収納機能や多機能ポケット、防水機能などの機能性を備えているため、ビジネスシーンでも活躍することができます。

以上のように、インターンで持つカバンのデザインには、ビジネスシーンでの印象を左右する重要な要素が含まれます。自分のスタイルやビジネスシーンに合ったデザインを選び、自信を持ってビジネスシーンで活躍しましょう。

カラー

インターンで持つカバンのカラーは、ビジネスシーンでの印象を左右する重要な要素の一つです。一般的には、ビジネスライクで清潔感があるカラーが好まれます。以下に、インターンで持つカバンのおすすめのカラーをいくつか紹介します。

ブラック

ブラックは、ビジネスシーンで最も一般的なカラーです。シックで上品な印象を与え、派手すぎないため、無難な選択肢と言えます。また、ビジネスシーンでのマストアイテムであるブラックスーツとの相性も良く、コーディネートもしやすいです。

ネイビー

ネイビーは、ビジネスシーンで人気のあるカラーです。落ち着いた印象を与える一方で、ブラックよりも柔らかい雰囲気があります。ネイビーカラーのカバンを選ぶ場合は、ビジネスシーンでのスタイルに合わせた濃さを選ぶと良いでしょう。

グレー

グレーは、ビジネスシーンでのマストアイテムであるグレースーツとの相性が良く、清潔感のある印象を与えます。また、落ち着いた雰囲気があり、ブラックやネイビーとは違った印象を与えます。

ブラウン

ブラウンは、カジュアルな雰囲気を与えることができますが、カラーの濃さによっては、ビジネスシーンでも使用することができます。濃いブラウンであれば、上品な印象を与えることができます。

以上のように、カバンのカラー1つで大きく違った印象を与えることができます。
色々なカラーがある中で、好みのカラーを選びましょう。迷って決められないという場合は、最も一般的なブラックを選ぶのがおすすめ。フォーマルでカッチリした印象を与えることができる上に、スーツとの相性もバッチリです!

カバンの中身:インターン必需品をチェック

インターンではバッグ選びももちろん重要ですが、バッグの中身に何を入れておくかも同じくらい重要です。また、何をどこに入れておくかまで考えることが出来たら、他のインターン生と差をつけることが出来ます。

まずはバッグの中に入れておきたいものを確認してみましょう!
絶対に入れておきたいモノ、入れてあったらうれしいモノ、入れないほうが良いモノの3種類に分けてご紹介していきます!

無くてはならないものあったら嬉しいもの無い方がいいもの
携帯電話 / スマートフォン名刺入れ過度な個人アイテム
書類や筆記用具ポータブル充電器騒音を発生させるもの
パーソナルカードカバン整理用品不適切なファッションアイテム
軽食や飲み物
身だしなみグッズ

無くてはならないもの

インターンに参加する際、バッグの中に入れておく必要があるアイテムは何でしょうか。
以下で、インターンの時に持っていくバッグの中に絶対に入れて置かなければならないモノを5つご紹介します。

携帯電話やスマートフォン

インターン先での連絡や、業務で必要な情報を確認するために、携帯電話やスマートフォンは必需品です。また、業務内でスマホを使用する場合もあるかもしれません。紛失や盗難に注意して、常に持ち歩きましょう。

書類や筆記用具

インターンでは、メモを取るように指示されることが多いです。インターン先での業務で必要な書類や資料、メモ帳やボールペンなどの筆記用具も、バッグの中に入れておく必要があります。大切な書類を無くさないように、整理整頓してバッグに収納しましょう。
また、進んで言われたことをメモするように心がけることで、より知識を吸収することが出来るため、周りのインターン生に差をつけることができます。

パーソナルカード

インターン先でのビジネスマナーに則り、名刺代わりに使用できるパーソナルカードを持ち歩きましょう。自己紹介に使用したり、コンタクトを取る際にも役立ちます。

これらは、必ず持っていくべきアイテムです。特に書類やノートPCは、業務に必要不可欠なため、しっかりと収納し、持ち運ぶようにしましょう。

あったらうれしいもの

必ず必要とまではいかないものの、あったら何かと便利なグッズ5選を紹介します。

名刺入れ

インターンでは、自己紹介や名刺交換が行われることがあります。
その際に、名刺入れをバッグに入れておくと、名刺をスムーズに受け渡すことができます。

ポータブル充電器

長時間の業務中にスマートフォンのバッテリーが切れてしまうと、非常に困ります。
そのため、ポータブル充電器をバッグの中に入れておくと、急な充電が必要な場合にも対応できます。

カバン整理用品

カバンの中が散らかってしまっていると、必要なアイテムをすぐに取り出すことができません。そのため、カバン整理用品をバッグに入れておくと、カバンの中を整理整頓できます。例えば、収納用ポーチやファスナー付き袋、コード巻き器などが挙げられます。

軽食や飲み物

長時間の業務に備えて、軽食や飲み物をバッグの中に入れておくと良いでしょう。また、急な残業や飲み会などの場合にも、備えておくと安心です。
ただし、場所によっては飲食禁止の場所もあるので、飲食をする前には1度必ず会社の人に一言言っておくのがいいでしょう。

身だしなみグッズ

インターンでは、清潔感や身だしなみにも気を配る必要があります。ハンカチやティッシュ、マスク、ヘアブラシや口臭対策グッズなど、身だしなみに必要なグッズを常備しておくと安心です。

逆にカバンの中に無いほうがいいもの

カバンの中に何でもかんでも入れればいいという訳ではなく、中には逆にカバンの中に入れておかない方が良いものもあります。
不必要なモノをカバンに入れてしまうと、重要なアイテムが見つかりにくくなったり、取り出しにくくなったりすることがあるので、注意して下さい。

過度な個人アイテム

インターンに参加する際には、個人アイテムを持ち込むことは避けた方が良いです。
例えば、プライベートの本やDVDなどは、職場では不適切なものとなる場合があります。また、多くの人が利用する共有スペースで、個人のアイテムを持ち込むことはマナー違反となる場合があります。

騒音を発生するモノ

インターン先では、騒音を発生するモノは避けるようにしましょう。例えば、大音量で音楽を聴いたり、イヤホンなしで通話したりすることは、周りの人に迷惑をかけることになります。

不適切なファッションアイテム

インターンに参加する際には、適切なファッションアイテムを選ぶことが大切です。
例えば、ミニスカートやタンクトップなどの露出が多いアイテムは、職場で不適切となる場合があります。また、カジュアルすぎる服装も、インターンに参加する際には避けるべきです。

キャリアアドバイザーに就活インターンの不安や疑問を相談してみましょう!

インターンはこれからのキャリア形成のために重要な役割を担っています。
学生時代に会社のリアルを経験することで、
社会、自分の心や実力を正しく知り、今後50年の正しい選択につなげることができます!

これからの就活で不安なことがあったり、自分がどのようなインターンをしたらいいかわからない自分に合ったインターンを見つけたい方は「 ココシロインターン」を活用しましょう!

キャリアアドバイザーが学生に寄り添い、自分に合ったインターンを紹介就活の相談面接練習などができます!

ココシロインターン」を活用して有意義なインターンを経験し、就活を成功させましょう!

学生の面談申し込みはこちら

ビジネスマナーに合わせたカバンの持ち方

せっかく適切なバッグを持っていても、持ち方が悪かったら、悪い印象を周囲の人に与えてしまいます。なので、ビジネスシーンでは、カバンの持ち方も重要なマナーの一つです。以下に、注意すべきポイントを紹介します。

カバンを持つ時の姿勢に注意する

姿勢は周りに与える印象に大きく影響します。背筋が伸びていると、ビジネスライクで信頼感のある印象を与えることができますが、逆に猫背だと頼りないといったネガティブな印象を与えてしまうことに繋がります。

姿勢を良くするためには、カバンの重さに注意してみるのがおすすめです。

カバンの中身が多くなると、重さも増していき、重たいカバンを持って歩くと、姿勢が悪くなったり、疲れやすくなったりするため、カバンの重さには注意が必要です。必要最低限のアイテムを入れ、持ち運びやすい重さに調整しましょう。

カバンの位置に気をつける

カバンを持つ位置は、基本的には左側が適切です。これは、右手でドアを開けるためです。カバンを右側に持っていると、ドアを開けるためにカバンを移動させる必要があり、スムーズな動作ができません。また、左側にカバンを持つことで、右手を振ることができ、挨拶や手を差し出す場合にもスムーズに動作ができます。

また、カバンの持ち方は肩に掛けることが一般的です。片手でカバンを持つと、手がふさがってしまうため、手を振ったり、手を差し出す場合に不便です。また、肩にカバンを掛けることで、腕を自由に動かせるため、スムーズな動作ができます。

カバンを置く場所に注意する

カバンを置く位置もビジネスマナーの一環です。
まず、カバンを置く場所には、注意を払うことが大切です。

カバンを床に置くことは、ビジネスマナーに反する行為の一つです。床は汚れや菌がたくさんあり、カバンにもそれが付着してしまいます。また、床に置かれたカバンは、邪魔になってしまうことがあります。そのため、カバンを床に置くことは避け、テーブルや椅子の上に置くようにしましょう。

さらに、カバンを椅子に掛けることは、ビジネスマナーに反する行為の一つです。他人と共有する椅子にカバンを掛けることで、他人に迷惑をかけてしまう可能性があります。また、カバンが椅子から落ちたり、床に置くよりも邪魔になってしまうことがあります。そのため、カバンを椅子に掛けることは避け、カバン置き場所を探しましょう。

職場や会議室、交通機関の車内など、周囲の人々に迷惑をかけないように配慮しましょう。会社外でもカバンの置き方には注意が必要です。公共の場所でカバンを置く場合には、近くにいる人々の目が届く場所に置くことをおすすめします。

インターンの時の服装

インターンに参加する際の服装は、ビジネスシーンにふさわしいものを選ぶ必要があります。以下に、注意すべきポイントを紹介します。またより詳しく知りたい人は以下のコラムを見てくださいね!

企業の規定に合わせる

インターンに参加する際には、企業の規定に合わせた服装が必要です。企業によっては、ビジネススーツが必要な場合もありますし、カジュアルな服装でも問題ない場合もあります。そのため、事前に企業の規定を確認し、適切な服装を準備することが大切です。

服装は一般的にスーツ

一般的には、男性はスーツ、女性はスーツスタイルが望ましいとされています。スーツ以外の服装は、企業や業界によっては認められていない場合があるため、確認するようにしましょう。

スーツは、ビジネスマンの信頼性や尊厳を表現するために、非常に重要な役割を果たし、ビジネスマンのスタイルや品位を高めることができます。スーツを着用することで「信頼できる」「しっかりしている」といった印象が抱かれやすいので、迷ったらスーツを着用することをおすすめします。またインターン時は、「リクルートスーツ」を着用しましょう。リクルートスーツとは、学生用に販売されており、就活時に印象を考慮したものになっているため、デザインは清潔感があって、派手さがありません。無難なデザインであるため、カラーは黒とネイビーなどの寒色が多く、生地は無地が基本となっています。上記に当てはまらないカラーや柄が含まれている場合は、極力避けましょう。緊急で用意できない場合は、企業の方に聞いたり、連絡を入れることをおすすめします。

清潔感を意識する

清潔感を意識した服装は、第一印象を良くするために必要不可欠です。

まず、清潔感を意識するためには、服装の色や柄に注意が必要です。明るい色や派手な柄は、場合によっては不適切な印象を与えることがあります。そのため、無難な色や柄を選ぶことが大切です。

また、服装のシルエットも重要です。体にぴったりとした服装は、清潔感があると同時に、プロフェッショナルな印象を与えます。一方で、ゆったりとした服装は、だらしない印象を与えることがあるため、避けるべきです。

靴やバッグもしっかり気を遣わなければ清潔感を損ねてしまう可能性があるため、注意が必要です。汚れた靴やボロボロのバッグは、清潔感を損なうだけでなく、プロフェッショナルな印象を与えません。そのため、清潔で整った靴やバッグを選ぶことが大切です。

ファッション性を抑える

インターンの時の服装には、ファッション性を抑えることが大切です。インターンはまだ学生や新卒であり、社会人としての経験が浅いため、社会人として適切な服装をすることが求められます。

スーツやジャケットは必ずしも必要無いかもしれませんが、ジーンズやスニーカーなどのカジュアルな服装は避けるべきです。代わりに、スラックスやドレスシャツ、革靴など、きちんとした印象を与える服装を選びましょう。

また、派手な色や柄物は避けましょう。無地やストライプ柄など、シンプルで落ち着いた色や柄を選ぶことが望ましいです。また、アクセサリーやメイクも控えめにすることが大切です。

サイズを合わせる

スーツやビジネスカジュアルの場合、サイズが合わない服装を着用すると、不自然な印象を与えることがあります。身体に合わせたサイズの服装を選び、自然な印象を与えるようにしましょう。

リュックの使用は有り?

ビジネスシーンでのカバンとして、リュックサックの使用については、賛否両論があります。インターンに参加する際、特に、リュックサックの使用については、適切なのかどうか疑問を持つ人もいますよね。

手提げバッグよりもリュックの方が楽だから良いという人もいるかもしれません。
今回は、その疑問に答えるために、リュックサックの問題点と使用する際の注意点を紹介します。

リュックは出来るだけ避けよう

一般的に、ビジネスシーンではリュックサックの使用は避けるべきです。リュックサックは、カジュアルな印象を与えるため、ビジネスシーンでは不適切とされています。また、リュックサックは、背中に背負うため、周囲の人に迷惑をかけることがあるというのも、避けるべき理由の1つです。

しかし、インターンに参加する際には、企業によってはリュックサックの使用が許可されている場合もあります。その場合でも、できるだけビジネスライクな印象を与えるため、リュックサックは避けることをおすすめします。
代わりに、ビジネスバッグやトートバッグなど、よりフォーマルな印象を与えるバッグを使用しましょう。

リュックサックの問題点

リュックサックは、カジュアルすぎる印象を与えてしまうこと以外にも機能的なデメリットもいくつかあります。

まず、リュックサックは背中に装着するため、背中に負担がかかります。長時間使用すると、肩や背中に痛みが生じることがあります。また、背中に密着するため、汗をかきやすく、蒸れて不快感を覚えることもあります。

さらに、リュックサックは荷物を一度にまとめて持ち運ぶことができるため、荷物が多くなりがちです。そのため、重量が増え、背中に負担がかかることがあります。また、荷物が多いと、中身を探すのに時間がかかることもあります。

リュックサックを使用する際の注意点

リュックサックを使用する際には、以下のようなポイントに注意しましょう。

デザインに注意する

リュックサックは、カジュアルなデザインが多く、ビジネスシーンにはふさわしくありません。
ビジネスシーンでも使用できるような、ビジネスバッグに近いデザインのリュックサックを選ぶようにしましょう。

取り出しやすさに注意する

リュックサックは、取り出しやすさに課題があるため、取り出しやすいように収納するようにしましょう。書類やノートPCなどは、前面のファスナー部分に収納することで、スムーズに取り出すことができます。

以上のような注意点を守り、リュックサックを使用する場合でも、ビジネスシーンにふさわしい印象を与えるようにしましょう。

インターンの格好のNG

インターンに参加する際、服装や身だしなみに気をつけることが大切です。以下に、NGとされる格好を紹介します。

不潔な髪や爪

髪や爪の清潔さは非常に重要です。不潔な髪や爪は、印象を悪くし、プロフェッショナルなイメージを損なうことになります。

髪が汚れていたり、ぼさぼさだったりすると、清潔感がなく不快な印象を与えます。また、女性の場合だと、髪が長い場合はきちんとまとめることが必要です。ポニーテールやヘアバンドなどでまとめることで、清潔感を保ち、プロフェッショナルな印象を与えることができます。

また、爪が汚れていたり、長すぎたりすると、不潔な印象を与えます。爪は、きちんと切りそろえ、清潔に保つことが必要です。また、ネイルカラーは控えめにすることが望ましいです。派手な色やデザインは、プロフェッショナルな場で不適切とされることがあるので控えておくのが賢いでしょう。

香水やお化粧のしすぎ

服装だけでなく、香水や化粧品の乱用にも注意が必要です。香水や化粧品を乱用することで、周囲の人々に迷惑をかけたり、不適切な印象を与えたりする可能性があります。

香水を過剰につけることは、周囲の人々に迷惑をかける可能性があります。特に、職場では香水をつけない人も多く、香水の強い匂いに敏感な人もいます。そのため、香水の使用量には注意が必要です。
さらに、化粧品を乱用することで、不適切な印象を与えることがあります。例えば、濃いメイクや派手なネイルをしていると、職場での印象が良くないと感じる人もいます。化粧品を使用する際には、控えめにすることが重要です。

非常識な髪型・服装

非常識な髪型や服装は、周囲の人々に不快感を与えたり、印象を損ねたりする可能性があります。インターンのときは、くれぐれも節度ある髪型、服装をしてください。

インターンでは、プロフェッショナルな印象を与えることが求められますが、非常識な髪型をしていると、その印象が損なわれます。特に、明るい色や派手な染め方をしていると、周囲の人々から浮いてしまうと感じる人もいます。
また、周囲の人々に不快感を与える可能性があります。例えば、派手な色の髪型や髪飾りを使っていると、周囲の人々に嫌悪感を与えてしまいます。

もし大学でファッションとして個性的な髪型にしていた場合には、インターンに参加する前には必ず、落ち着きのある髪型と髪色に戻しておくことを強くおすすめします。

実際に聞いたおすすめビジネスバック

ここでは、実際に青山学院大学に通いながらインターンを行っている大学生におすすめのカバンを聞いてきたので紹介していきます!

青山学院大学
3年 N.Hさん
青山学院大学 3年 N.Hさん

私が就活の時と長期インターンシップで使っていたバックについて紹介します。

まず、就活時や1dayインターンシップではリクルートバックを使っていました。無地で黒色のタイプで、飾りなどがないシンプルなものです。この手の短期インターンシップは就職段階の選考に関わるかなり厳格な雰囲気なのでしっかりとしたカバンを持っていくのがいいと思います。

反対に、私が通っていた長期インターンシップでは、職場の雰囲気がかなりアットホームな感じで社員さんも含めてみんな私服で出勤していました。

そのため、パソコンを入れていくバックは派手すぎないけど一般的なトートバックや大学で使っているバックなど持ち運びしやすいものを使っていました。

インターンのカバンについてまとめ

  • カバン選びはビジネスパーソンとしての第一印象を良くするためにとても重要
  • フォーマルな印象を与えるビジネスライクなカバンを選ぶことが重要
  • カバンの中身や服装など、カバン以外にも気を遣うことで他のインターン生と差をつけることが可能

インターンのカバンを適切なモノを選ぶことで、インターン先の社会人に良い印象を与えることが出来ます。インターンの時のカバンや服装などに対してまだ疑問点や不安があれば、ココシロインターンにご相談ください。

キャリアアドバイザーに就活インターンの不安や疑問を相談してみましょう!

インターンはこれからのキャリア形成のために重要な役割を担っています。
学生時代に会社のリアルを経験することで、
社会、自分の心や実力を正しく知り、今後50年の正しい選択につなげることができます!

これからの就活で不安なことがあったり、自分がどのようなインターンをしたらいいかわからない自分に合ったインターンを見つけたい方は「 ココシロインターン」を活用しましょう!

キャリアアドバイザーが学生に寄り添い、自分に合ったインターンを紹介就活の相談面接練習などができます!

ココシロインターン」を活用して有意義なインターンを経験し、就活を成功させましょう!

学生の面談申し込みはこちら