失敗しないインターンの選び方と探し方。自分にあった企業はどう決めたらいい??

キャリアアドバイザーに就活インターンの不安や疑問を相談してみましょう!

インターンはこれからのキャリア形成のために重要な役割を担っています。
学生時代に会社のリアルを経験することで、
社会、自分の心や実力を正しく知り、今後50年の正しい選択につなげることができます!

これからの就活で不安なことがあったり、自分がどのようなインターンをしたらいいかわからない自分に合ったインターンを見つけたい方は「 ココシロインターン」を活用しましょう!

キャリアアドバイザーが学生に寄り添い、自分に合ったインターンを紹介就活の相談面接練習などができます!

ココシロインターン」を活用して有意義なインターンを経験し、就活を成功させましょう!

学生の面談申し込みはこちら

これで見つかる! インターンの代表的な探し方6選

インターンを探す際、どのような方法で探そうか迷ったことはありませんか?本当にこのサイトや情報を頼っていいのか、誰に聞けばいいのだろうか様々な不安があると思います。そのため、本記事では代表的な探し方を6つご紹介します。自分がなりたい職業に合わせて自分に合ったインターンの探し方を見つけ、充実したインターンを探していきましょう。

インターン紹介サイトで探す

自分がどのような職業・業界が決まっている場合はインターンの紹介サイトで検索を絞りながら探すことをお勧めします。
このようなサイトでは多種多様な企業のインターンシップを記載しています。自分に合った条件のインターンを探すことができるため、良い点もありますが、自分がやりたいものが定まっていない場合は見つけることに時間を取られてしまうため、別の方法をお勧めします。

スカウトサイトで探す

スカウトサイトは、自分の希望条件に合わせた情報を提供してくれる場合があります。自分のプロフィールや希望条件を登録し、企業からのスカウトメールを待つことができます。スカウトメールが届いた場合でも、必ず応募する前に企業の詳細情報を確認して、自分自身が興味を持てる企業かどうかを判断することが重要です。

大学のキャリアセンターで探す

大学のキャリアセンターには、インターンの募集情報が掲載されている場合があります。また、模擬面接や履歴書添削などのサポートも受けることができます。キャリアセンターに登録している企業には、学生へのフォローも充実していることが多いため、就活に迷った場合は相談してみることもおすすめです。

企業ホームページから直接申し込む

企業ホームページから直接、インターンの募集情報を確認し、申し込む方法もあります。応募に必要な書類や応募期限、選考プロセスなどを確認し、自分に合った企業を選びましょう。また、企業ホームページからは、企業の特徴や業務内容を詳しく調べることもできます。

インターンの合同説明会に参加して探す

インターンの合同説明会は、複数の企業が参加して開催されます。企業の説明や質問コーナーなどを通じて、自分に合ったインターンを見つけることができます。また、複数の企業と一度に出会えるため、様々な企業を比較することができます。合同説明会は、就活イベントと同じように、学生向けのイベントとして開催されています。

知人から紹介してもらう

知人からインターン情報を紹介してもらう方法もあります。自分の周りに、インターンに参加したことのある先輩や友人がいる場合は、情報を聞いてみることもおすすめです。また、自分自身がインターンを探していることを周囲に伝えることで、情報が回ってくる可能性もあります。

自分に合った方法で、インターンを探しましょう。インターンは、自分のキャリアアップや将来の就職に大きな影響を与えることがあります。応募前には、自分自身が興味を持てる企業かどうか、自分に合った条件で応募するかどうかをよく考えて、探し方を工夫しましょう。

インターンの種類によって探し方が異なる

インターンは、学生や社会人が自分のキャリアを考える上で重要な経験となります。しかし、インターンの種類や参加する企業を選ぶ際には注意が必要です。本記事では、まずはインターンの種類を理解し、自分自身に合ったインターンを選ぶためのポイントをご紹介します。

短期インターン

短期インターンは、1週間から1ヶ月程度の期間で行われるインターンです。短期間であるため、自分自身が興味を持っている業界や企業の仕事内容を実際に体験することができます。また、短期間であるため、複数の企業でのインターン参加が可能であり、自分自身の希望やキャリアプランを考える上で参考になります。

短期インターンの場合、複数の企業に応募するため、マイナビやリクナビなど大手の就活サイトを活用して探しましょう。

長期インターン

長期インターンは、1ヶ月以上から数ヶ月程度の期間で行われるインターンです。長期間であるため、企業の業務内容や社員の仕事スタイルに深く関わることができます。また、自分自身のスキルアップやキャリアアップを目的として、より深く学ぶことができます。

長期のため、自分がしっかりスキルを身につけられるところや、様々なことが学べる企業を選ばなくてはなりません。そのため、先輩に相談してみたり、キャリアアドバイザーに相談するなど確かな情報を得てから参加するとより失敗しないインターンを探せると思います。

自分に合ったインターンを選ぶ6つの方法

自分に合ったインターンに参加するには、自分自身が何を目的に参加するのかを明確にすることが重要です。その上で、以下の6つの方法を活用して、自分に合ったインターンを探してみましょう。

業界を絞って選ぶ

自分が興味を持っている業界を絞り、その業界に関するインターンを探す方法です。自分が興味を持つ業界を絞ることで、どのようなインターンがあるのかがわかります。また、業界によっては、インターン参加前に基礎的な知識が必要な場合があるため、自分自身で勉強することも大切です。業界の情報を得るために、業界関連の書籍やWebサイトなどを活用するのもおすすめです。

興味のある職種で絞って選ぶ

自分が興味を持っている職種に絞り、その職種に関するインターンを探す方法です。自分が興味を持っている職種に関するインターンを探すことで、その職種について深く知ることができます。また、職種によっては、様々な業務があります。自分自身がどのような業務に興味を持っているのかを考え、その職種に関するインターンを探すことが大切です。

インターン内容から選ぶ

自分がやりたいことや学びたいことをインターン内容から絞り、その内容に合ったインターンを探す方法です。例えば、マーケティングやWEBデザイン、プログラミングなど、インターンシップで学びたいスキルがある場合は、そのスキルを活かせるインターンを探すことが大切です。また、インターンによっては、様々な研修やセミナーが行われる場合があります。自分が学びたいことに焦点をあて、インターン内容から探すことが大切です。

インターンの内容に関しては以下の記事にまとめてあるので合わせて読んでみてください!

実施期間から選ぶ

インターン期間を絞って探す方法です。
長期インターンや短期インターン、夏季休暇などに開催されるインターンなど、期間によって実施されるインターンも異なります。自分のスケジュールに合わせて、期間を絞って探すことが大切です。
また、期間が長いインターンには、より深く学ぶことができる可能性がある反面、その分参加費用や生活費がかかることもあります。期間を絞ることで、自分が負担をかけずに参加できるインターンを見つけることができます。

スキルを活かせるインターンを選ぶ

自分自身が持っているスキルを活かせるインターンを探す方法です。
例えば、デザインやプログラミング、語学力など、自分自身が持っているスキルを活かせるインターンを探すことで、自分自身が成長することができます。また、スキルを活かすことで、自分自身が企業に貢献することもできます。自分自身が持っているスキルを活かせるインターンを探すことが大切です。

アルバイトの代わりに有給インターンを選ぶ

アルバイトと同じように収入を得ながら、自分のやりたいことや興味のあることを学ぶことができる有給インターンを探す方法です。有給インターンは、大手企業や外資系企業で実施されることが多く、経験を積むことができるため、将来の就職にも有利です。また、アルバイトと異なり、自分自身が学ぶことに重点をおいているため、より充実したインターン経験を得ることができます。

要チェック! インターンを探す際の5つの注意点

インターンを探す際には、多くの学生が自分に合ったインターンを探すために苦戦を強いられることがあります。しかし、適切な方法を使えば、自分に合ったインターンを見つけることができます。以下では、インターンを探す際に注意すべきポイントをより詳しく解説します。

1. 何を学べるかを確認し、インターンの目的を決める

インターンに参加する目的は、何を学ぶかによって異なります。自分が何を学びたいのかを明確にすることが、自分に合ったインターンを探す上で重要です。
例えば、自分が興味を持っている分野で実践的なスキルを身につけたい場合には、技術的なスキルを身につけられるインターンを探すことが有効です。また、コミュニケーション能力を向上させたい場合には、営業やマーケティングのインターンを探すことも考えられます。

2. 極端に候補を絞りすぎない

自分に合ったインターンを探す際には、あまりに狭い視野で探すことは避けましょう。自分の専攻に限定せず、異なる分野のインターンにも興味を持ってみましょう。自分が興味を持っている分野とは異なる分野のインターンに参加することで、自分自身の視野を広げることができます。

3. 実施期間と場所は要チェック

インターンの実施期間や場所は、自分のスケジュールに合わせることが大切です。
また、インターンに参加するために必要な費用(交通費、生活費など)についても事前に確認しておくことが望ましいです。

4. 選考があるかどうか確認する

インターンによっては、エントリーシートや面接などの選考がある場合があります。事前に選考の有無を確認しておくことが大切です。選考がある場合には、どのような内容が求められるかについても事前に確認し、適切に準備をすることが必要です。

5. 知名度だけで選ばない

インターンを選ぶ際には、企業の知名度にとらわれすぎないことが大切です。知名度の高い企業であれば、それだけ競争が激しくなります。また、知名度が高いからといって必ずしも良いインターンであるとは限りません。インターンに参加する目的を明確にし、企業の実績や評判を確認して、自分に合ったインターンを選びましょう。

以上が、インターンを探す際に注意すべきポイントです。自分自身がどのような目的でインターンに参加するのかを明確にし、その目的に合ったインターンを探すことが大切です。また、探す際には多様な探し方を試み、自分に合ったインターンに参加して、有意義な経験を積んでいきましょう。

インターン探しで後悔しないための事前準備

インターンに参加する前に、しっかりと事前準備をしておくことが重要です。この記事では、インターン探しで後悔しないための事前準備について、4つのポイントに分けて解説します。

やりたいこと・得意なことを洗い出す

まずは、自分がやりたいことや得意なことを洗い出すことが大切です。インターンに参加する目的は、自分が将来的にやりたい仕事やキャリアアップのためのステップアップなど様々ですが、まずは自分自身の興味や能力を見極めることが大切です。その上で、自分自身がどのようなインターンに参加することで、成長できるのかを考えることが望ましいです。

長期インターンの目標を決める

次に、長期インターンに参加する場合には、具体的な目標を決めておくことが重要です。長期インターンは、半年から1年程度の期間で行われることが多く、短期インターンと比べてより深い学びや経験を得ることができます。しかし、その一方で、期間が長いため、途中でモチベーションを保つことが難しくなることがあります。そこで、参加前に自分自身の目標を決めておき、それを実現するための具体的なアクションプランを立てることが大切です。

基本的な事務スキルを身に着けておく

また、インターンに参加する前には、基本的な事務スキルを身に着けておくことが望ましいです。例えば、メールや電話対応、スケジュール管理、書類作成など、企業での業務に必要なスキルを身に着けておくことで、就業中に生産性を高めることができます。また、インターンを通じて、自分自身のスキルアップを目指すことができます。

履修内容の整理

最後に、インターンに参加する前には、自分自身の履修内容を整理しておくことが重要です。
インターンは、学生時代に経験することが多いため、学校で学んだことを実践することができる貴重な機会です。そのため、インターンに参加する前に、学校で学んだ内容を再確認し、企業での業務に応用することができるようにすることが大切です。また、履修内容を整理することで、自分自身がどのようなスキルを持っているかを明確にし、企業での業務に必要なスキルを強化するための方向性を考えることができます。

以上のように、インターンに参加する前には、自分自身のやりたいことや目標を明確にし、事前準備をしっかりと行うことが大切です。自分自身のスキルアップや成長を目指すために、インターンを有意義に活用していきましょう。

知っておこう! インターン参加までの5ステップ

インターンは、就職活動やキャリアアップに欠かせない経験となります。しかし、インターンに参加するには、どのようなステップが必要なのでしょうか。本記事では、インターン参加までの5つのステップについてご紹介します。

インターン参加の目的を決める

まずは、インターンに参加する目的を決めましょう。目的が決まるとインターンの内容や期間を決めることができます。
1Dayインターンは、企業や業界についての情報を短期間で知ることができます。
短期インターンは、企業がどのようなことをしているのかを模擬業務などを通して体験することができます。
長期インターンは、企業の実務に携わり、深く企業の業務内容や社員の仕事スタイルに関わることができます。

インターンを探す

次に、自分自身が参加したいインターンを探しましょう。インターン情報は、企業のウェブサイトや、インターン専門の求人サイト、キャリアセンターなどで探すことができます。自分自身の希望や興味のある業界や職種に合ったインターンを探すことが大切です。詳しい探し方は後ほど説明します。

応募する

インターンを見つけたら応募しましょう。応募方法は、企業によって異なりますが、大抵はWeb応募か郵送での応募が求められます。エントリーシートや履歴書を提出する場合もあるので、事前に用意しておきましょう。また、応募期限を守り、書類の提出も早めに行うようにしましょう。

インターンのエントリシートに関しては以下の記事にまとめてあるので合わせて読んでみてください。

インターンに参加

最後に、インターンに参加しましょう。参加前には、企業や業界に関する情報収集を行い、自分自身の持っているスキルや知識を活かすようにしましょう。また、インターンに参加する際には、ビジネスマナーやコミュニケーション能力などのスキルも身につけることができます。

振り返りをして、お礼メールを送る

インターンが終わったらお礼メールを忘れず送りましょう!インターンのお礼メールについて以下のコラムにまとめています。ぜひ参考にしてください!

以上が、インターン参加までの4つのステップです。まずは、自分自身に合った短期か長期かを決め、インターンを探しましょう。応募する際には、必要書類を用意し、応募期限を守るようにしましょう。最後に、インターンシップに参加し、ビジネススキルやコミュニケーションスキルを身につけることが大切です。自分自身のスキルアップやキャリアアップのために、積極的にインターンに参加し、経験を積んでいきましょう。

体験談

立教大学 3年
W.A
立教大学 3年 W.A

私が行った長期インターンは、全て自分の興味と貢献できる度合いを考えて選択していました。前提として、私は、社会に出るまでに何か一つ自分を物語る実績や得意領域を見つけることが大切だと考えています。

なぜなら、得意分野で人より突出できるからこそ、その人=〇〇な人というセルフブランディングが可能になり、仕事が舞い降りてくると思うからです。これが、専門分野を一つも持たず、いろいろな分野を少しだけ齧ったことのあるゼネラリストだとどの領域をとっても他に実績を出している人がいるため、何かで圧倒的に勝つことができなくなってしまいます。そのため、自分がどうなりたいかを最初に考えた上でその好きな分野で結果を出すことが大切だと思うのです。実際、私はマーケティングの分野に絞ってインターンを行ってきました。SEO、SNSマーケティング、LP、リスティング広告など、いくつもの媒体に触れるうち、マーケティングを総合的な角度から認識できるようになり、就活でも自分の体験をしっかりと人事の方にアピールすることができました。

キャリアアドバイザーに就活インターンの不安や疑問を相談してみましょう!

インターンはこれからのキャリア形成のために重要な役割を担っています。
学生時代に会社のリアルを経験することで、
社会、自分の心や実力を正しく知り、今後50年の正しい選択につなげることができます!

これからの就活で不安なことがあったり、自分がどのようなインターンをしたらいいかわからない自分に合ったインターンを見つけたい方は「 ココシロインターン」を活用しましょう!

キャリアアドバイザーが学生に寄り添い、自分に合ったインターンを紹介就活の相談面接練習などができます!

ココシロインターン」を活用して有意義なインターンを経験し、就活を成功させましょう!

学生の面談申し込みはこちら